猫背矯正の症例(その4)

お客様

女性 80代  和歌山市在住

来院

2018年7月

お悩み・症状

普段は全く外出せず、家の中でもトイレくらいしか移動しない日々を過ごす。

それを見て、将来歩けなくなってしまうのではないかと不安に思った娘さん(当院の顧客である)が連れてきて来院。

 

本人は特に不自由なく生活していたため、具体的な悩みや症状はない。

娘さんの要望は、母がこの先も歩けるようにしてほしいとのこと。

 

背骨は左に大きく湾曲し、背中もかなり丸くなっていた。

痛みなどはなく、本人に自覚症状はない。

 

施術内容と経過

初診時、背骨を中心に体全体の状態をチェックした。

背中全体に筋肉の張りがあり、加齢的要素とゆがみによる筋緊張により背骨が左に大きく側弯していた。

 

母が歩けなくなるのが怖いので、歩き続けられるように調整してほしいと要望があった。

完全に変形している背骨の部分は仕方ないとしても、ゆがみによる部分は施術で調整できると考え、その旨をお客様とお客様の娘さんに伝えた上で施術を開始した。

 

初回はまず骨盤調整と頸椎調整を行い、施術前と施術後の姿勢を比較した。(※実際の写真は下に添付)

お客様自身が変化を体感しづらいため、このように写真で比較し変化を伝えながら施術を行った。

 

以降は、ゆがみを整えることを最優先して施術を進めながら、4回目から側弯調整を加えて加齢的な変形の部分にも調整を加えていった。

 

2回目から、まず家の中での動きを増やすため、ご飯の時の他に2回お茶を飲みに冷蔵庫に行くよう指導した。

6回目から、娘さんがスーパーに買い物に行く際、お客様も連れていくようお願いした。

今はまだ、毎日歩くと疲れが溜まりやすい状態なのでそう指導した。

10回目には歩く速度も娘さんと同じくらいで歩けるようになってきて、以前よりも楽に歩けているとのこと。

姿勢も初回施術後の状態が施術前から安定してきた。

 

娘も安心し、当初の、母が歩き続けられるようにしてほしいという娘さんの要望は達成されたが、今の歩きやすい状態を維持したいとお客様から新たに要望があったので、今後は1ヶ月に1回のペースで経過を見ていくこととした。

同時に施術した症状・お悩み

なし

施術方法

骨盤調整 頸椎調整 体液循環調整 側弯調整 肩甲骨・脊柱調整

考察

こういった高齢のお客様は加齢や骨折などにより骨が変形している場合でも、本人は痛みなどを感じず不自由していないことがある。

これはつまり、周りの人が異常だと思っていても、当の本人にとっては正常だということ。

 

今回のお客様もまさにこのケースだったが、ゆがみがあることで余計に姿勢が悪くなっていたので、ゆがみを整え、姿勢をお客様の正常の範囲内に取り戻すことを念頭に置き施術を開始した。

 

背中が曲がっている高齢の方でも、ゆがみが正常範囲内におさまれば体の各部分は動きやすくなるので、お客様のように歩きやすくなる可能性は高い。

結果、最初は通院の必要はないと言っていたお客様も満足され、娘さんも母のスムーズに歩く姿を見て一安心されたようだった。

 

このように自分の両親が心配になって来院されるケースも珍しくない。

「背中が曲がったり、歩けなくなるのは年齢的に仕方ない」と一概に諦めなくても良いと当院では考える。

 

執筆者

廣井整体院

永井純平

その他について詳しくはこちら

その他

この記事に関する関連記事