猫背矯正の症例(その3)

お客様

女性 30代 公務員 和歌山市在住

来院

2017年 10月

お悩み・症状

学生のころから他の人から言われたりして猫背が気になっていた。

出産後の育児のせいなのか更に猫背が気になるようになった。

首や肩など痛みなどは特になし。

半年後、職場復帰するまでに猫背が良くならないかと思いインターネットで調べていた時に当院の事を知り来院。

施術内容と経過

初見時、まず首や肩周辺の可動域検査を行ったところ、首後屈と両肩肩関節外転、脊柱部と肩甲骨内転に可動域制限が見られた。

特に大胸筋と脊柱起立筋、菱形筋の硬さが見られたことから、骨盤から上全体の筋肉のバランスが崩れて猫背姿勢になっていると考えて施術を開始した。

 

まず、頚椎調整と骨盤調整で全体の歪みを整えてから、2回目以降の施術では肩関節調整・MTと脊柱調整を追加して行った。

 

初回施術後、帰宅してからご主人に「明らかに姿勢が良くなっている」と言われたと2回目来院時に報告を受けた。

 

5回目の施術以降は、首から下の状態が安定してきたため、ストレートネックだった首に対して頚椎前弯調整を追加して行った。

 

10回目の施術で、猫背状態は消失しご本人もほぼ気にならない状態になった。

それから1か月後、姿勢崩れていないかチェックを行ったが、変わらず状態が安定していたのでセルフケアをお伝えして卒業とした。

同時に施術した症状・お悩み

特になし

施術方法

骨盤調整 頸椎調整 肩関節調整・MT 脊柱調整 頚椎前弯調整

考察

猫背は、首や背中だけを施術しても良くなることはなく体全体を見て整える必要がある。

姿勢は意識していないと崩れてしまうようでは意味が無いので、いかに意識していなくても見た目上に綺麗で体が楽な姿勢を保てるかがもっとも重要であり猫背改善のキーポイントである。

 

執筆者

廣井整体院

廣井俊紀

その他について詳しくはこちら

その他

この記事に関する関連記事