顎関節症の症例(その15)

お客様

女性 30代 会社員 和歌山市在住

来院

H28年11月

お悩み・症状

中学生のころから顎関節症があり、ちょくちょく治療には通ったことがあり口腔外科でマウスピースを作って使ったりもしたが良くならなかった。

右側で噛む癖、頭の左横側に頭痛があり、左肩のコリが気になるとのこと。

現状として痛みはないが口が開きづらく、朝起きた時に口を開けると引っかかる時がある。

一番気になっているのは、顔のバランス(左右差)で少しでも良くなったらと思いインターネットで調べていた時に当院の事を知り来院。

施術内容と経過

初見時、長年の顎関節症と噛み癖のため、顔の筋肉に左右差がありバランスが崩れている状態。

まず、顎関節と頚椎の検査をしたところ左顎関節のズレと頚椎の可動性の悪さがあり、この2つが顎関節症の原因であると考えた。

まず、頚椎調整と骨盤矯正で体の中心部分である背骨のゆがみを調整してから、顎関節調整を行い、噛み癖など日常生活で気を付ける点も指導した。

初回~3回目の施術で口の開きづらさはかなり改善し、5回目の施術で開きづらさを感じることは完全になくなった。

その後、顎関節調整と咬筋や表情筋の調整を継続して行い、12回目(約3カ月)の施術で顔もバランスや肩こりも気にならなくなったため施術終了とした。

同時に施術した症状・お悩み

肩こり

施術方法

頚椎調整 骨盤矯正 顎関節・筋肉調整 肩関節調整

考察

この症例では、20年来の顎関節症と噛み癖があったため顔のバランスの左右差が顕著に見られた。

まず、顎のズレを調整して正常な動きに近づけつつ筋肉の調整を行ったことで、顎のズレと顔のバランスも整い、患者さんも気にならない状態にまで改善した。

この様な長年にわたり症状がある場合は、生活の指導が非常に重要であり、ご自身でも気づかないような日常生活での癖の改善指導と治療を適切に行ったことで改善に導くことができた症例であった。

執筆者

廣井整体院

廣井俊紀

その他について詳しくはこちら

その他

この記事に関する関連記事