股関節の痛みの症例(その2)

お客様

女性 40代 保育士 和歌山市在住

来院

2015年9月

お悩み・症状

2年位前から仕事中、不意に右股関節(右足の付け根)がズレるような感じがすることがあり、それが起こると歩いた時や立つ時、足を内側に寄せる動きをした時に痛みを感じることが度々ある。
今回は、数日前に股関節のズレを感じてから痛み出し、歩くのも痛い状態で来院。

施術内容と経過

まず、股関節の動きをチェックしたところ外転・外旋動作の硬さに左右差が顕著で特に腸腰筋や殿筋群に硬結と張りがあったことから、全身のバランスが疲れによって崩れてゆがみが起こり、股関節周辺に負担がかかっていることが原因だと考えた。
頚椎調整と骨盤矯正で体のバランスを整えてから股関節と股関節周辺の筋肉に調整を行ったところ、初回で痛みがほぼ消失した。
その後も施術を重ね、徐々に症状は改善し7回目の施術で症状がほぼ消失したため治癒とした。

同時に施術した症状・お悩み

首の痛み

施術方法

頚椎調整 骨盤矯正 股関節調整 股関節MT

考察

この症例では、バランスが崩れていたことが最大の治療ポイントだったのでバランスを調整して股関節に溜った疲労を抜く施術を行うことで早期回復した。
この患者さんが、言っていた「股関節がずれる感じ」とは、股関節を支え動かしている周辺の筋肉が不安定になることで起こっており、同じように股関節のズレを感じると訴える方がこれと同様であることが多いと当院では考えている。
こういった症例では、また疲れが溜ってバランスが崩れ始めると同じ個所に症状が出始めることが多いので普段からのケアが重要である。

執筆者

廣井整体院

廣井俊紀

その他について詳しくはこちら

その他

この記事に関する関連記事