坐骨神経痛の症例(その6)

お客様

女性 40代 事務職 橋本市在住

来院

2016年1月

お悩み・症状

元々、時々腰が痛くなることが有り2か月ほど前から両方(特に左)の殿部~太もも裏に痛みとたまにしびれを感じるようになった。

昼間はましだが夕方から痛みが増してくる感じで、歩くのは10~15分で痛み出すので犬の散歩が辛く、家事が長く出来なくなってきた。

座っていると全く痛みはなく、顔を洗うときに前かがみになるのが一番きつい。

整形外科でブロック注射を打ってもらい1回目は3日くらい効いたが、それ以降は効かず、痛み止めやシップ、リハビリや腰痛体操も勧められたが全く改善しなかった。

施術内容と経過

初見時の検査で骨盤のゆがみと脊柱の左ねじれを見つけ、これらのゆがみやねじれが循環を悪くし坐骨神経痛を引き起こしている原因だと考えた。

骨盤矯正、頚椎調整、体液循環調整を行ったところ1,2回目の施術では変化が見られなかった。

3回目の施術で両足の痛みはなくなったが、右腰が痛み出したと報告を受けた。

その後、5回目の施術後に劇的に痛みが改善し、少し腰にだるさを感じる程度で歩くのにも支障がなくなった。

その後、再発の不安が強くあることと腰に重だるさが少し残っていたので施術を重ね、10回目に症状改善し治癒とした。

同時に施術した症状・お悩み

腰痛

施術方法

骨盤矯正 頚椎調整 体液循環調整 股関節調整 腰椎調整

考察

骨盤のゆがみと脊柱の左ねじれが循環を悪くし坐骨神経痛を引き起こしていた症例だったが、ゆがみとねじれを整えても1~2回目での施術では症状の改善が見られず、患者さんは不安そうだったが、短期的には症状が取りきれない状況を説明し納得して最後まで通院できたことが症状完治の最大の要因だった。

痛みが強い場合、どうしてもすぐに結果が出ないと計画的に治療計画を立てていても通院を止めてしまう方がいるが、この症例のように信頼関係を築いて継続的に治療をしないと良くならないケースは非常に多いと言える。

執筆者

廣井整体院

廣井俊紀

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事