ぎっくり腰の症例 (その2)

お客様

男性 30代 調理師 和歌山市在住

来院

2018年 5月

お悩み・症状

普段は調理中の立ち仕事で疲れた時に腰痛を感じる程度であまり気にしていなかったが、昨日の朝起きた時に、いつもと違う感じの痛みを腰に感じてから時間が経つにつれて悪化。

昼には、腰の痛みで起き上がるのも困難な状態になった。

以前、当院に通院していた仕事の同僚が、腰痛が良くなったと聞いていたのを思い出し、電話予約後に来院。

特に内科疾患や既往歴はないが、1か月前に左足首を捻挫してそのまま放置しており、現在も痛みが残っている状態。

施術内容と経過

初見時、立っているのもやっとで座れない状態。

まず立位で前後屈運動時痛と可動域制限が著明で体幹回旋時痛と可動域制限あり。

次に各関節をチェックした所、左足首(背屈、内返し)と左股関節(屈曲、外転)の可動域制限があり、これらの事から左足首の痛みをかばって体が歪み、左股関節~腰部に疲労が蓄積したことで今回、ぎっくり腰を発症したと考えて施術を開始した。

 

初回施術は、頚椎調整と骨盤調整を行い、立位の前屈が劇的に改善し動作時の痛みが半分以下に軽減したところで終了。

 

2回目~4回目の施術では、左足首調整と股関節MTを追加して行い経過を見たところ4回目の施術終了後にはほぼ痛み消失するも、腰部の張りと左足首の可動域制限が残っている状態。

 

5回目以降は、腰部の痛みはないものの、ぎっくり腰を再発させたくないとの要望があったので左足首の可動域制限と腰部の張りを改善させるために施術を重ね、12回目の施術で症状全て消失し、仕事をしても何ともなくなったため卒業とした。

同時に施術した症状・お悩み

左足首と股関節の痛みと可動域制限

施術方法

頸椎調整 骨盤調整 体液循環調整 左足首調整 左股関節MT

考察

この症例では、1か月前に左足首を捻挫して痛みをかばった生活から体が歪み、左股関節や腰部に徐々に疲労が蓄積して起こったぎっくり腰であった。

このように、過去の怪我でバランスが崩れたままだと他の個所に負担がかかり、その個所に痛みなどの症状が発症する事があるので注意が必要である。

こういった症例では、まず歪みを整えて溜まった疲労を抜く施術を行うことで痛みを取り除き、根本原因であった左足首を調整することで再発予防まで可能であると当院では考える。

執筆者

廣井整体院

廣井俊紀

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事