腰痛の症例(その4)

お客様

女性 50代 パート 和歌山市在住

来院

2015年8月

お悩み・症状

3日前に歩き始めに急に腰がピキッとした感じの痛みが走りそれから痛みが続いており、特に朝起きる時に左腰に痛みがある。

1~2か月くらい前から買い物袋を持った時の右腕の痛みや立ち上がろうとした時に右膝にも痛みがあるので、体のゆがみで腰や腕・膝が痛いのかも?と気になっているのと、これ以上に悪くなっていくのでは?という不安感があったので来院されたとここと。

 

施術内容と経過

まず、腰部の可動域と筋肉のチェックをしたところ左腰方形筋と左腸腰筋が右に比べ筋力低下と可動域の減少がみられた。

次に骨盤と体幹のゆがみをチェックしたところ骨盤と脊柱にゆがみによる可動域制限があったことから、ゆがみが原因で腰周辺の筋肉の循環不全が起こっていると考えた。

頚椎調整と骨盤矯正で骨盤と脊柱のゆがみを整えてから、右腕と右膝の調整を行ったところ、徐々に痛みが軽減し3回目の施術時には朝起きた時だけに腰が痛いが普段は痛みを感じないまでに改善した。

4回目の施術で朝起きた時の腰の痛みを感じなくなり主訴は改善したが、右腕と右膝の痛みが残っていたため施術を重ね、9回目の施術で症状改善し治癒とした。

その後は、経過観察と悪化防止のメンテナンスを希望されたので現在も1か月に1回通院中。

同時に施術した症状・お悩み

右腕の痛み 右膝の痛み

施術方法

頚椎調整 骨盤矯正 肩関節調整 膝関節調整 体液循環調整

考察

この症例では、疲れが溜まって体がゆがみはじめ、血流などの体液循環が部分的に悪くなってしまっていたことによって起こった症状であった。

こういった症例では、相対的に発症から日の浅い症状の方が改善が早いため、先に左腰が良くなり、日が経っていた右腕と右膝の改善が後になったが、こうなることは想定していたので事前に患者さんにも十分説明していたので安心して通院・施術を受けられたようだった。

執筆者

廣井整体院

廣井俊紀

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事