腰痛の症例 (その10)

お客様

女性 40代 主婦(バイト) 和歌山市在住

来院

2017年 11月

お悩み・症状

元々、何年かに1度起こる強い腰痛があり、今回は4日前から強い腰痛を発症した。

今回の腰痛を発症する前から、飲食店のバイトに行くと腰の調子が悪くなるのも気になっていた。

今までに鍼治療を受けたこともあったが、今回はこのまま動けなくなるのでは?と不安でインターネットで調べていた時に当院の事を知り来院。

施術内容と経過

初見時、立位前後屈での可動域制限と運動痛が顕著で、大腰筋テストでは筋力の減弱も見られた。

次に上半身の検査を行った所、両肩外転の可動域制限と腰部に反応した痛みが出現した。

 

以上の事から、4日前の腰痛症状が発症する前から溜った疲れが体を歪ませ、腰部や上半身の各筋肉に血流やリンパなどの循環が悪くなったことで筋肉が硬くなり、症状として現れたと考えた。

 

まず、頚椎調整と骨盤調整を行い体の歪みを整えて、2回目の施術から体液循環調整と両肩関節調整、大腰筋MTを追加して行ったところ、立位での前後屈の可動域制限に改善が見られた。

 

その後は、自宅で行うセルフケアとして3回目に肩甲骨の体操と6回目に骨盤の体操を指導して施術を重ねながら経過を見たところ症状徐々に改善し、9回目の施術で各部分の可動域制限と運動痛はほぼ消失したが、朝起きた時に左腰に少しだけ感じる痛みだけが残っていたので施術を継続して行い16回目の施術で全ての症状消失したため卒業とした。

同時に施術した症状・お悩み

特になし

施術方法

頚椎調整 骨盤調整 体液循環調整 両肩関節調整 大腰筋MT

考察

この症例では、今回の腰痛症状が発症する前から溜った疲れが体を歪ませ、腰部や上半身の各筋肉に血流やリンパなどの循環が悪くなったことで筋肉が硬くなり、症状として現れたと考えて施術を行った結果、症状改善に導くことが出来た。

元々、何年かに1度起こっていた強い腰痛も今回と同じパターンで起こっていたと推測される。

クライアント様には、自宅で行うセルフケアと普段から気を付けることを指導したので、このまま良い状態が安定していれば再発する事は無いと考える

執筆者

廣井整体院

廣井俊紀

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事