腰痛の症例(その7)

お客様

女性 10代 学生 和歌山市在住

来院

2017年5月

お悩み・症状

部活動で剣道をしていて以前から腰の痛みと左足外側の付け根からスネにかけてのしびれと痛みがありながらも我慢しながら部活を続けていたところ、2週間前から症状が悪化し、座っていても寝ていても痛みがありロキソニンを飲んでも効かず学校にも行けない状態。

腰椎ヘルニアの手術を2年前とそれ以前にも過去2回していて、今回病院でのMRI検査ではヘルニアなどの異常は無いと言われた。

数件病院に行ったが良くならず、インターネットで調べていたところ当院の事を知り来院。

施術内容と経過

初見時、脊柱に右回旋の強い捻じれと、左右の肩甲骨の高さが2㎝ほど差が出るくらのゆがみがあり、左腰方形筋・左殿筋群・左大腿筋膜張筋に筋緊張、圧痛、浮腫が顕著でSLR陰性など各種検査は陰性であったことから、筋肉性疼痛とゆがみによる循環不全が原因のしびれであると考えた。

まず、骨盤調整と頚椎調整で歪みを整えて循環を良くしてから左下肢の調整を行ったところ徐々に症状軽減し、3回目の施術で学校に行けるようになり、9回目の施術で左足の痛みしびれが完全に消失した。

後は左腰部と左肩甲骨~背中にかけての痛みが残っていたので、引き続き施術を重ね、17回目の施術で症状ほぼ消失した。

同時に施術した症状・お悩み

左肩~背部の痛み

施術方法

頚椎調整 骨盤調整 左下肢MT 両肩MT

考察

この症例では、数年間ずっと痛みを我慢しながら剣道を頑張っていたことが仇となってしまい、疲労の蓄積と痛みをかばう事で起こる体のゆがみと筋肉性疼痛が起こっていた。

こういったケースでは、体の状態を正常化させるのにある程度の施術回数と期間が必要になってくるが、初回のカウンセリングと説明、施術ごとの状態説明で十分に理解を得られたので、ご自身も焦ることなく着実に回復することが出来た症例であった。

執筆者

廣井整体院

廣井俊紀

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事