坐骨神経痛の症例(その8)

お客様

男性 60代 会社員 和歌山市在住

来院

2016年2月

お悩み・症状

1年くらい前から左のお尻からふくらはぎにかけての痛みがあり、孫さんを抱っこしてだと痛くて50mも歩けず、階段も10段くらいで痛みが出てくる状態。

シビレはなく、立っているだけなら痛みはない。

整形外科3件、鍼灸院、整骨院、カイロプラクティック、他の整体院にも行ったが効果が無かった。

孫さんと遊べない事が悩みで、痛みが無くなって孫さんと遊んだり、趣味の温泉巡りが出来る様になりたいとの事。

施術内容と経過

まず、SLRテストなど検査を行ったところ、陰性で腰椎椎間板ヘルニアの可能性はほぼ無いと考え、次に股関節の可動域検査を行ったところ、殿筋と特に梨状筋の動きが悪く、梨状筋テストを行ったところ陽性で梨状筋症候群と殿筋の循環不全が原因だと考えた。

骨盤矯正、頚椎調整、筋肉(殿筋、梨状筋)調整、体液循環調整を行ったところ、3回目で臀部の痛みがかなり軽減し、4回目の施術時には100m歩いても大丈夫で階段の上り下りも出来るようになってきて、痛みの度合いも初めが10とすると3に軽減したとの事。

5回目の施術で痛みが10→1~2まで改善したが、患者さんご自身のやむ得ない理由で中止とした。

同時に施術した症状・お悩み

特になし。

施術方法

骨盤矯正 頚椎調整 筋肉(殿筋、梨状筋)調整 体液循環調整 左足J調整

考察

約1年もの間、坐骨神経痛の症状が変わらずあり整形外科3件、鍼灸院、整骨院、カイロプラクティック、他の整体院で良くならない症状でも、原因を特定し適切な施術を行なえば改善する事を証明できた症例であった。

治療を続けられれば完治できた症状でまだ再発の懸念があるが、悪化してきたら来院する様に指導していたが来院されない事から考えるとその後も経過も良好なのだと考える。

執筆者

廣井整体院

廣井俊紀

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事