めまい・ふらつきの症例(その8)

お客様

男性 40代 建設業 和歌山市在住

来院

2016年8月

お悩み・症状

2年ほど前に車から降りた時にぐるぐる回るようなめまいが起こって倒れてから、ほぼ毎日めまいとふらつきを感じるようになった。

めまいが起こって以降は、自分で運転していないとめまいが起こるため乗せてもらうことができなくなってしまった。

めまいは右下に横向きで寝ている時や寝がえりや起き上がる時に起こりやすく、ふらつきは急に動いた時に起こり座っているなどじっとしていると感じない。

あとは、めまいが起こり始めてから首や肩のコリを感じ始め頭痛も起こるようになった。

耳鼻科、眼科、脳神経外科、向陽病院や労災病院、和歌山医大など何箇所も病院を受診してMRI検査やホルモンバランス検査などあらゆる検査をしたが特に異常はなく、最終的には処方されたセファドールやドラッグストアーのめまいの薬を試したりしたが、効果がないし口が渇くなどの副作用もあったため、病院とは違う方法で改善する方法はないか探していたところ当院のことを知り来院。

施術内容と経過

まず、めまいの症状的に考えて良性発作性頭位めまい症が疑われたので、検査を行ったところやや陽性で前屈など頭を動かした時にふらつく感じがあった。

次に体全体のゆがみをチェックしたところ、頚椎と骨盤に歪みがあり、両腕が正常に上がらないほど僧帽筋など肩周辺に筋肉が緊張していたことから、良性発作性頭位めまい症とゆがみからくる自律神経系の乱れから起こるふらつきが原因だと考えた。

頚椎調整と骨盤矯正で全体的なゆがみと自律神経の働きを整えてから、体液循環調整で流れを整え肩関節調整を行ったところ、前屈でのふらつき感がなくなった。

4回目の施術で、施術開始時のふらつき度合いを10とすると5~6くらいにまで改善したとの報告を受け、6回目の施術で1日の中で感じるめまい、ふらつきの回数が激減し丸1日感じない日も出てきた。

8回目の施術で、10日以上めまいとふらつきを感じない状態が続き、それ以降も症状が現れることがなくなったので10回目の施術で治癒とした。

同時に施術した症状・お悩み

肩こり

施術方法

頚椎調整 骨盤矯正 体液循環調整 肩関節調整

考察

この症例では、どこで検査しても器質的な異常はなくお手上げ状態であったが、病院とは見立てが違えばそこから見えてくる本当の原因や選択する治療方法も違うので結果は当然変わってくる。

体に表れる症状のほとんどで、原因は1つではなく複合的に絡み合って起こっていることがほとんどなので、それを読み解いて適切に施術をすれば状態は必ず良くなってくると当院では考える。

執筆者

廣井整体院

廣井俊紀