良性発作性頭位と浮動性めまい症の症例(その5)

お客様

女性 30代 主婦 和歌山市在住

来院

2017年5月

お悩み・症状

約1カ月前から右下を下にして寝た時や頭を動かした時にグルグル目が回るようなめまいが毎日続いていて、1週間くらい前からは立ったり座ったりするとフワフワするようなめまいも起こりだした。

耳鳴りは無し、2年前の出産後から体調が良くないとのこと。

脳神経外科と耳鼻科では良性発作性頭位めまい症だと言われ、薬を飲んで様子を見ていたが良くならず、ご主人がインターネットで調べていた時に当院の事を知り来院。

施術内容と経過

まず、回転性めまいのチェックを行った所、右耳だけでなく左耳にも三半規管の異常からくる眼振があり、両耳の良性発作性頭位めまい症であるのと、フワフワするめまいは回転性めまいが続いたことによって起こる自律神経の乱れからくる浮動性めまいであると考えた。

初回は、脊柱調整で背骨のゆがみを整えてから右エプリー法を行ったところ、2回目の来院時には回転性めまいが軽減していた。

5回目の施術で、右下にしても眼振が起こらなくなったが、逆に左下にすると眼振が起こったため、左エプリー法を行った。

その後、8回目の施術からは回転性めまいは起こらなくなったが、フワフワするめまいが残っていたため、さらに施術を重ねて10回目の施術で症状はすべて消失し、ご要望であった育児に全く支障がない状態にまで回復・安定したため卒業とした。

同時に施術した症状・お悩み

特になし

施術方法

脊柱調整 エプリー法 眼球調整 肩関節調整

考察

この症例では、回転性めまいでも両耳に出るタイプの良性発作性頭位めまい症で眼振も強く長期的に起こっていたため、ぐるぐるするめまいの回復に施術回数が数回かかったが、徐々に良くなっていくのが体感できていたのと、体の状態の説明を細かく毎回行っていたので、お客様ご自身がそれほど大きな不安を感じることなく回転性と浮動性のめまい消失まで施術を進める事が出来た。

執筆者

廣井整体院

廣井俊紀